There!

とにかく毎日更新することだけが目標です。 なにしろ日記なのですから。

そう言われましても…

あたしは、アキさんに対してかなりの過保護です。
それは自分でもちゃんと分かってる。
分かったうえで、そうしてます。

過保護っていったって、ただ単に甘やかしてる訳では
無いんですけど。

アキさんが何か物言いたげな顔してたら話しかけて
何を要求しているのかを理解してそれに応えるだけ。
それはカーテンを開けてもらいたいってことだったり
ちょっと小腹が空いたから何か食べたいってことだったり
お庭で日向ぼっこがしたいってことだったり
左耳を掻いてもらいたいってことだったり。
(アキさんは左足が悪いので自分で掻けないの)

そういうのを見たひとが、それは犬として幸せなのかと。
なんでもかんでも先回りしてやってあげるのは
犬として幸せなんだろうかと。

知らねーよ、アキさんに聞いてくれよ。

とは言えないので、
「だってどんなに長生きしたとしても
せいぜい20年ぐらいしか生きられないんだもの
甘やかされてもいいんじゃない?」とお答えしましたの。

そしたらね、自分が先に死ぬことだってあるだろうと。
そうなった場合はどうするんだと。

えー………

「そうならないように、せめて健康には気をつけて
元気で長生きできるように頑張らなくっちゃね!」
と、作り笑顔でお答えしたら、

どんなに気をつけていても不慮の事故とかあるだろうと。
アキさんを残して不慮の死を遂げた場合はどうするんだと。

………めんどくせー。

「大丈夫!あたし100歳まで生きるつもりだから!!」
と、やけっぱちの笑顔でお答えしたら、

どうしてそう思えるのか全く根拠が分からないですって。
根拠も無くそんな風に思えるってことが理解できないって。

あー、うん、いいよ理解してくれなくても。


この人はべつにあたしに早死にして欲しい訳じゃないんだ。
本当に心配してくれてるだけなんだ。
ただちょっと思考が後ろ向きすぎるのと
相手に伝える方法を間違えてるだけなんだ。

無理やりそう思って笑顔でやり過ごしたけれど、
なんだかすっかり心が疲れちゃったよ。

アキさんの寝顔で癒されよーっと。

≪ 生命力  | ホーム |  ご近所さん ≫

Comment

コメントの投稿

管理人にのみ表示する

 | TOP | 

プロフィール

りーちん

Author:りーちん
.
柴犬の着ぐるみを着たアキさんと
仲良く楽しく暮らしていますよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク